忍者ブログ
金持ち大国や多国籍企業の都合で貸し付けられた途上国債務の帳消しを! 債務、世銀・IMF、ODA、南北問題など、翻訳モノを中心にテキトーにupします。

2017-11

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フランスの反核ネットワーク Réseau "SORTIR DU NUCLEAIRE "から

11月5、6日にアレヴァ社のラ・アーグ再処理工場からドイツに返還される高レベル放射性廃棄物の輸送ルートに沿って抗議行動を展開しようという呼びかけがなされています。

フランス語が読めない(し、日本語に訳す暇がない)ので、英語にgoogle翻訳したものを下に添付します。イマイチへんなところもあるけど、大体の意味は取れます。

輸送ルートの各駅やトラック輸送の沿道のスポットで抗議しようというもの。
「この抗議は輸送を阻止しようというのではなく、危険性をアピールし原発が間違った選択であることに焦点をあてる」としています。

報告があればまたアップします。


フランス語原文
PR
原発にまで「思いやり」!?
JBIC/NEXIが米国の原発新設に融資・保証を検討?


米国の反核団体、PSRとBeyond Nuclearが

(Physicians for Social Responsibility=社会的責任を果たす医師同盟
http://www.psr.org/
(Beyond Nuclear
http://www.beyondnuclear.org/

米国の原発新設に融資や保証を検討していると噂されているJBICやNEXIに対し、「そんな見返りの見込めない危険な融資はおやめなさい」というレターを提出しようとしています。

JBICやNEXIは途上国へのODAという名前で行われた途上国への融資や保証は、G7(8)で債務帳消しが国際的に認められるまで「なにがあっても返せ!」エイエイ、ギリギリ(←締め付ける音)という態度をとりつつ、

一方で、”ミャンマー”軍事政権とかには「いいですよ、返せるときで」みたいな態度もとるので、米国だったら「返せなくても貸します。いいですよ、返せなくても」になりかねない気がする・・。

このブログの趣旨にぴったりじゃん!・・じゃなくて、そーゆー理不尽なカネなら返さんは許さん、というか、最初から貸すな、というのがこのブログの趣旨なのだ。

大分で日米(だけじゃなく世界も!)つないで平和活動に邁進されてるSさんが要請書の翻訳を手伝って(とゆーかほぼやって!)くださいました。
どうもありがとうございます!

申し入れ書原文
ダウンロード(doc)

いつもどおり転載の場合は原文と照らし合わせて各自の責任で
よろしくー。
紆余曲折の上、再開が決定。

建国百年記念日(2011.10.10)までになんとか商業運転開始を!と作業が進められてきた台湾第四原発(龍門プロジェクト)で3月31日、火災が発生。

第一号機中央制御室のほとんどが焼失するという大事故でしたが、6月に週刊誌がすっぱ抜くまでこの事故は内密にされていたようです。

制御室ですから、万一運転中にこんな事故が起こったら・・と考えるとぞっとします。

スクープした雑誌のウェブ記事。

http://next.1-apple.com.tw/index.cfm?Fuseaction=Article&ArtID=32573805&IssueID=472

私が最初に見たときは1ページ目は無料で(2ページ目からは有料)焼け焦げたケーブル(コンデンサー?)とコントロール室の写真も見られたんですが、今再度チェックしたら1p目から有料になってる!

そこで中国語ペラペラの友人Iさんに関連記事を探し出して翻訳してもらいました。

ご本人曰く「なんちゃって訳」だそうですので、いつものことながら転載される場合は
原文と照らし合わせて各自の責任でお願いいたします。

原文
環境資訊中心
「核四走火 原能會說法環團傻眼」

http://e-info.org.tw/node/56376

---------------
第四原発での発火事故
原子力委員会の回答に環境団体もあきれる

立報2010年6月11日

「一号機メインコントロール室が真っ黒に焼ける」という報道がなされた。

来年から商業運転を予定しているが、安全面では非常に心配。

事故の情報はすぐには公表されなかった。

安全の問題で10日に、国会議員と環境団体が記者会見を開き、稼動前に国際的な検収会社に検査を依頼するべきだと主張した。
[Take Action]
BELOW IS FULL PETITION (The latest translation, originally in Japanese) :

Link to Petition Site

STOP Pluthermal(MOX fuel) Nuclear Power Generation in Saga, Japan!

We the undersigned petition

Prime Minister Yukio Hatoyama
Secretary-General of the Democratic Party Mr. Ichiro Ozawa
Minister of State for National Policy Mr. Naoto Kan
Minister of State for Government Revitalization Mr. Yoshito Sengoku
The Minister of Economy, Trade and Industry Mr. Masayuki Naoshima
Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology Mr. Tatsuo Kawabata
The Minister of Environment Mr. Sakihito Ozawa
The Governor of Saga prefecture Mr. Yasushi Furukawa
The Mayor of Genkai town Mr. Hideo Kishimoto
Kyushu Electric Power CO. INC., President Mr. Toshio Manabe

not to ignore the peoples’ voices and to stop the Pluthermal Project at Genkai nuclear power plant.

1) THE PLUTHERMAL PROJECT IS DANGEROUS

The program uses MOX fuel in a reactor originally designed for uranium fuel, The control rods' capacity to function is reduced and the power output is less stable and much harder to control.

KYUDEN is using MOX fuel with a higher concentration of plutonium (almost double) than that used in other countries.

Even a small accident or a breakdown when using deadly-poisonous plutonium might cause great damage to the environment and to the life and health of local people.

2)THERE ARE SERIOUS CONCERNS THAT A LARGE PERCENTAGE OF THE MOX FUEL BEING USED AT GENKAI

KYUDEN hasn’t disclosed any information about the MOX fuel they were using for Genkai Unit 3, including whether or not the defective MOX fuel, which Kansai Electric Power had decided to reject as unsuitable fuel for their nuclear power plant, has been used in Genkai.

3) THE JAPANESE NUCLEAR REGULATOR HAS NO LEGAL GROUNDS FOR THE CRITERIA TO REGULATE MOX FUEL ASSEMBLY INSPECTION

There are no legal grounds established for the criteria by which the Japanese government’s nuclear regulator, NISA (Nuclear and Industrial Safety Agency), an agency of the Ministry of Economy, Trade and Industry inspects imported MOX fuel assemblies.

Therefore, even if the MOX fuel had passed the examination of the government, this does not guarantee its safety.

4) THERE IS NO PLAN TO DEAL WITH THE SPENT MOX FUEL

The government has no plan to deal with the spent MOX fuel, which takes 500 years before it can be cooled down to a temperature at which you can manage to bury it underground.

There is a strong possibility that Genkai will be the de facto disposal site for the spent MOX fuel.

We can’t leave such gigantic negative “inheritance” to future generations.

5) THE PLUTHERMAL PROGRAM IS MOVING FRORWARD DESPITE FAILURE OF THE NUCLEAR FUEL CYCLE PROGRAM

This Pluthermal Project is a part of the Japanese state policy of “Nuclear Fuel Cycle”.

But Rokkasho Reprocessing Plant, a core project of the “Nuclear Fuel Cycle” plan, which was supposed to start its operation in 1997, still hasn’t started working because of a spate of troubles.

The “Nuclear Fuel Cycle” plan itself has already failed.

We strongly demand a stop to Pluthermal nuclear generation at Genkai until these problems are solved.


The Steering Committee "MIRAI" (Japan)
Association for Protection of Bears and Forests in Japan, Fukuoka Branch (Japan)
Anti-Pluthermal Movement for Saga in 100 Years Time (Japan)
Network for Environment in Karatsu, Saga (Japan)


endorsed (Name/ Group name and country)

忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .