忍者ブログ
金持ち大国や多国籍企業の都合で貸し付けられた途上国債務の帳消しを! 債務、世銀・IMF、ODA、南北問題など、翻訳モノを中心にテキトーにupします。

2017-04

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝はいい天気で、本当はエルダーフラワー(ニワトコ)の花を取りに行ってシャンペンやコーディアル(濃縮ジュース)を仕込みたいのだけど、やはりギリシャ選挙、気になるので、白髪染めの頭にサランラップ巻いた姿でネットをウロウロ。

さすがにまだ出口調査の情報も出てこない。

ギリシャのGOOGLEのロゴは今日は選挙仕様らしい。

http://www.businessinsider.com/google-doodle-greek-election-day-2012-6



-------------
昨日はブログ更新できなかったので、Business Insider 紙から現地取材に行ってるJoe Weisenthalさんの報告からこの間の記事のピックアップを。

ある程度インパクトありそうな事件としては、「緊縮推進派に投票するように」とギリシャ国民によびかける手紙がドイツ一の全国紙に掲載されたそうです。

http://www.businessinsider.com/bild-open-letter-to-greek-voters-2012-6#ixzz1y2o59ZKH



曰く:「親愛なるギリシャ国民のみなさま、
あなたたちが明日誰を選ぼうがみなさまの勝手ですが、
あなたたちのATMにユーロ送ってあげてるのは私たちですからね、
どちらの道化師をお選びになるか、よく考えてね」

独経済紙「ドイツ・フィナンシャル・タイムズ」(電子版)にも同様の内容
(「緊縮派に投票するように))の社説が載ったと読売で報道されています。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120617-OYT1T00338.htm?from=tw

どちらにしても逆効果でしょう。

――――――――

あんまり時間割く気になれないのだけど、現与党保守大政党・新民主主義党(ND)を
支持する人について

15日のサマラス支持の大集会は、SYRIZA集会以上に盛り上がってたそうです。

http://www.businessinsider.com/new-democracy-rally-2012-6

http://www.businessinsider.com/video-of-new-democracy-rally-2012-6

――――――――――――
Joeさんによると、いま、ギリシャでうまく言ってるのは以下の5つの産業だけ。
http://www.businessinsider.com/the-only-5-industries-that-are-booming-in-greece-2012-6

1、ヨーグルト - 元々ギリシャ人はたくさん食べるのだけど、ChobaniとFage が輸出面でも成功してから国内でもさらに伸びてるそうです。

2、金製品の買取 - (日本にもありますか?アイルランドも増えてます。家にある金のアクセサリなどを現金で買い取るんだけど、買い叩かれると聞いたことも・・)

3、アップル製品 - 人々は狂ったようにiPHONEを買ってる。オンラインデータ接続する金がなくても、ステータスシンボルとして。

4、自転車 - 世界的傾向でもある。

5、ギリシャのいいところを取り上げるウェブサイト - 暗鬱な気分を吹き飛ばすために。あちこちで立ち上げられているそう。

――――――――――――――
投票前日のギリシャの様子のレポートです。

http://www.businessinsider.com/what-athens-is-like-right-now-2012-6
6月16日(抄訳)

(ギリシャ、アテネ) - エレクトラ・パラス・ホテルの屋上から取った土曜の朝のアテネの風景。

とても美しい、人々はプールサイドでのんびり寝転んでいる。確かにここはゴージャスなホテルの屋上だが、アテネ中のほとんどの人がいまはこんな感じ。

パニックはどこにも感じられない。ATMに並ぶ列もない(ギリシャの銀行口座から金を移すというのが巷の話題の中心ではあるが)。人々はカフェかレストランでくつろいでいる(商店は空っぽだが、人々はまだコーヒー、ビールと食料はあきらめていない)。

月曜日の状況がどうなってるか、心配している人もいる。だけど今晩のサッカー、ヨーロピアン・カップのギリシャ対ロシアのことを考えてる人の方が多いだろう。

アテネは本当に美しい。正直に、ギリシャはやがて立ち直れると信じる理由はそこにある。
多くの人が冗談で、ギリシャが破産してドラクマに戻ったら土地を買おうと言うが、その底には、喉から手が出るほど魅力的な場所という動かしがたい事実がある。



そして、昨晩、ギリシャの人々は2時間たっぷり楽しんでロシアに勝利。
溜飲を下げたようですよ。
そしてもしかしたら、次はギリシャ対ドイツかも!?

―――――――――――――
さて、やっと今日の様子。
今日はまだ特に書くこともないようで、投票会場の様子の写真などを送ってきてます。

ネオナチ「黄金の夜明け」と主流・共産党が候補者名簿を仲良く並べておいてる風景に「米国では見られない」と(まあ、紙を置いたのは選管の人かもしれませんけどね)。

http://www.businessinsider.com/greek-polling-location-2012-6

この選挙の行く末を世界に発信するプレスセンター

http://www.businessinsider.com/foreign-media-center-greek-election-2012-6



ギリシャでは困難な状況の中、ネットを使ったベンチャー・ビジネスを立ち上げようという人がたくさんいるそうです。

http://www.businessinsider.com/a-guide-to-the-greek-startup-scene-2012-6

その中の一人、車の保険紹介サイトを運営するSotiris Papantonopoulosさんは、
「左翼の公約は当てにならない。
だから僕は保守に投票する。
そして(既得権益大政党なんかに投票する自分への自己嫌悪から)投票した右手を切り落とす」と言ってます。

最後はジョークでしょうけど、多くのギリシャ人の気持ちを代弁しているように思います。

http://www.businessinsider.com/greek-ceo-will-vote-for-conservatives-and-then-wants-to-cut-off-his-arm-2012-6

現在の下馬評では、
わずかの差で保守・NDのサマラス、リード。
でも1%の差にもならないだろ、とのこと

そしてもしNDが政権を取ってもやはり数ヶ月で倒れて再選挙になるだろうという予想もJoeさんは流しています。

もし今日中になにか続報がでたらまた流します。

PR
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .